日本共産党柏原市会議員 山本まみのブログです。

2014年5月

元ひめゆり学徒隊のお話

午後から柏原市のリビエールホールで、柏原「九条の会」の活かそう!憲法9条柏原ののつどいに参加させてもらいました。

 

 

 

初めに柏原で25年活動されている「民謡サークル智義会の民謡」が披露されました。

三味線の音色に合わせて、合唱、ソロを謡われしばし力強い歌声に酔いしれました。

 

 

メインのお話は、今日88歳のお誕生日を迎えられた元ひめゆり学徒隊のお一人、新川(あらかわ)初子さんのお話でした。1945年3月、沖縄j女子師範学校卒業式の2日前に陸軍野戦病院へ看護要員として動員されたつらい悲惨な経験をお聞きしました。めまぐるしく運ばれてくる兵士の看護ににあたり、自らの命も危険にさらされながらの体験は想像を絶するものでした。戦争は自然や人間を破壊します。今世の中が危ない方向へと進もうとしている中、次世代に平和な世の中を残せるよう頑張らないといけないと再度認識しました。

要望お聞きしました

5月18日の市政報告会で、石川右岸側の堤防上の道路に桜の木の枝が伸びて危ないので、剪定して欲しいとご要望がありました。

19日に担当課に要請しました。この道路は、歩道が狭くて大変危険です。議会でも取り上げ質問しましたが、交通バリアフリー構想により、

JR柏原駅周辺国分駅周辺を優先的に実施ている。堤防上の道路でなので、工法の検討や占用の範囲を備大阪府と協議して検討すると の答弁でした。

粘り強く歩道拡幅を求めていきます。