日本共産党柏原市会議員 橋本みつおのブログです。

比例は日本共産党とお書きください(9名)

3日(日)は、オロナミンCの日。

 

ファイト一発で頑張らないけません。

 

日付が変わってから、しんぶん赤旗を2コース配達。

途中、少し小雨が降りました。

 

午前中は、柏原市民主商工会の総会に来賓出席しました。

ご挨拶を行いました。

 

インボイスをはじめ、暮らしを守るお話を5分の待ち時間でしたが7分かかってしまいました。

 

台風が心配です。

 

 

午後からは、大県事務所で日本共産党の天王寺での街頭演説会を事務所の皆さんと視聴しました。

現地には、3000人が集まりました。

 

プロジェクターを使い、スクリーンのかわりにふすまを利用しました。

 

たつみコータロー候補の気持ちの入ったカジノは絶対あかんの話は、熱かった。

 

志位和夫委員長は、憲法改憲の自公と維新の会をきりました。

 

終了後は、再び、党員さん訪問を行いました。

 

夜は、事務所で役員会が行われます。

 

比例は日本共産党とお書きください 

 

カジノはいらないの声は「たつみコータロー」へ(15名)

2日(土)は、1年の折り返し日・真ん中の日。

 

しんぶん赤旗の配達からスタート。

涼しいうちにしんぶん赤旗日曜版を2コース配達。

 

夏祭りの準備も進んでいます。

 

山を走行するとひんやりしていました。

 

日頃、なかなかお会いできない党員さんを訪問しました。

 

自民・公明・維新の会はカジノ賛成派です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わきや

消費税で、福祉後退😡(10名)

7月1日(金)は、国民安全の日。

 

6時前からJR柏原駅東口で宣伝を行いました。

直射日光があたり気持ちも最高。

 

「邪魔やー」(邪魔の所には立っていません)と言う若者。

 

はてな❓リーフを配布しました。

 

7時からは、後援会の方も参加。

「頑張って下さい」や「たつみさんやね」の声に励まされました。

 

2時間で汗だく💦になりました。

 

その後は、昨晩、電話があった生活相談でお宅を訪問しました。

 

生活困窮とDV被害の内容でした。

緊急な事案なので直接、柏原市役所へ。

 

2つの課にまたがりましたが、しっかりと対応してくれました。

 

夕方からは、大門みきし候補者カーが柏原市に入りました。

代理弁士をつとめました。

珍しく私の話を立ち止まって聞いてくださる方もいらっしゃいました。

嬉しくなりました。

 

消費税は福祉のためはウソパッチ。

大企業とお金持ちの税金の減税の穴埋めに😡

 

維新の身を切る改革と政党助成金(10名)

30日(木)は、集団疎開の日。

 

しんぶん赤旗の配達からスタート。

 

 

登校見守り挨拶活動。

 

散歩する皆さんと共通して「暑い🥵ですね」のご挨拶。

 

200メートル先の横断歩道を渡ると小学校です。

 

やっくんと一緒に蝉の話しをしながら登校しました。

 

大県事務所で実務を行いました。

打ち水をするも。

 

2022年国民平和大行進の奈良県から大阪府への引き継ぎ集会が柏原市役所前川で行われました。

 

激アツでした。

 

市長からのメッセージが代読されました。

 

日本共産党を代表して江村じゅん市会議員がご挨拶しました。

 

八尾市役所までパレードが猛暑の中行われました。

 

私は、志紀駅で離れました。

 

午後からの本郷事務所の会議に参加。

イケイケ作戦で盛り上がりました。

 

身を切ると政党助成金

 

日本共産党は政党助成金を受けっていません。

維新の会は、政治資金パーティーも行っています。

 

2020年12月13日のブログより。

大阪民主新報12/13記事より。

橋本 )なんじゃこれゃ💢

 

大阪府選挙管理委員会が11月30日公表した2019年の政治資金報告書。

大阪維新の会 (代表 吉村知事)が2019年9月に開いた政治資金パーティーの収入は、

1億1721万円にあがります。

 

開催費用を差し引いた利益は、9768万円 利益率83、8%で、

大阪府内で政党や政治家が開いた政治資金パーティーの中でも郡を抜いています。

2019年までの10年間の収入総額は、8億2428億円で、

利益総額は6億4723万円。

 

利益率は78、5%となっています。

 

企業がまとまってパーティー券を購入することから 形を変えた企業団体献金❗️ともいわれています。

 

 

日本維新の会の2019年の収入は、20億283万円。

そのうち政党助成金は、15億6451万円。

 

(政党助成金は、赤ちゃんから高齢者までの全ての国民から1人当たり250円の税金、総額320億円を国会議員の数により配布)

(日本共産党は、支持していない政党にも分け与える憲法違反の制度として受け取りを拒否)

 

松井一郎前代表は、政党助成金について、返上することも、廃止することも拒否。

 

 

2017年12月12日のブログより。

しんぶん赤旗の記事です。

「補助金企業が維新のパーティー券を購入していた」

大阪府議会で宮原党府会議員が取り上げました。

パーティー券という形での事実上の献金を問題視しました。

 

私も今議会で、「11月29日シェラトン都ホテル大阪 で500名が集まった冨宅市長の政治資 金パーティーについて」一般質問で取り上げています💪。

 

整理番号70 政治姿勢 11月29日シェラトン都ホテル大阪で500人が集まった冨宅市長の政治資金パーティーについてです。

今、国民や市民の政治に対する関心は、「政治と金」の問題です。

忖度という言葉が流行語大賞に選ばれました。

 

忖度とは、「相手の気持ちを推しはかること。」もっとわかりやすく言えば、『相手が何を言いたいのか考えること』です。

 

しんぶん赤旗の記事によると、大阪府内の政党や政治団体が昨年1年間に開いた政治資金パーティーによる収入が、9億2815万円にのぼることが、11月30日大阪府選挙管理委員会が発表した平成28年度政治資金収支報告書から明らかになりました。

 

維新の会は、議員や首長などが、府内各地で58回のパーティーを開催、計2億8809万円もの収入を得ています。とあります。

新聞の資料によりますと、政治資金パーティーの収入上位20団体が紹介されています。

 

1回のパーティー 収入が最多は、大阪維新の会が昨年9月に行ったもので収入が9430万円。費用が1858万3千円で収益率が80,3%です。7571万7千円の利益なります。

 

冨宅市長に確認します。

柏原市長就任記念パーティー ふけ正浩(ひろ)君を囲む会を1枚1万5千円のパーティー券で行った事実に間違いはありませんか。

冨宅市長に確認します。

(  行った )

 

 

市長は、今年6月の議会での市政運営方針で「慣例、しがらみ、前例踏襲主義に縛られている時間の余裕はありません。

私は、旧態依然とした考え方をかえていく」と約束されました。

 

しがらみとは、「立ちがたい関係」や「断ち切りたくても続く関係」を意味します。

朝日新聞の記事を紹介します。

 

大見出しが、「パーティー券20万円内目安 」「励ます会」「明日を語る会」

さまざまな名目で、政治家が支援者を集めて定期的に開く政治資金パーティー。

政治団体の収入の柱となっているケースも多いが、資金の出どころは極めて不透明だ。

ある議員のパーティー。ホテルの大広間を借り切った会場は、600人ほどの出席者で埋まっていた。

 

業界関係者は、「こうした付き合いをすることで、お願い事もスムーズになる」と話す。

今回15万円分のパーティー券を買った。

 

購入額は、「20万円以内」にしているという。

パーティー券の購入額が20万円を超えれば、企業名や個人名が政治資金報告書に記載される。

パーティー券は1枚1万円から2万円が相場だ。

 

有力支援者らが複数枚を購入する場合も、2万円であれば、10枚以内に抑えることが多い。

政治資金パーティーを巡っては、今年、元文部科学大臣の自民党の下村氏の関連団体が2013年、14年に学校法人「加計学園」幹部からパーティー券費用として、各100万円ずつ受け取っていたことが発覚した。とまだ続きますが報道されました。

 

また、大阪府の補助金を受給した企業が、大阪維新の会の政治資金パーティー券を大量に購入していた事が明らかになっています。

そして、NHKニュースウエブには、このように書かれています。

 

専門家は、「規制が厳しい寄付の代わりにパーティー券を購入する企業が増えていると考えられ、透明性を高める仕組みに見直すべきだ」と指摘しています。

 

冨宅市長は、身を切る改革として、市長の退職金を廃止されました。

給与も削減され、これに伴い副市長をはじめ、特別職の給与も削減されました。

また、柏原市で働く市職員も現在給与カットをしています。

 

我々、市会議員も歳費を毎月5万円削減しました。

 

ところが、市長は、しがらみ政治を変えていくと市政運営方針で約束したにも関わらず、しがらみを作ってしまい、事実上の献金を受け取る政治団体の収入の柱となっている政治資金パーティーを行いました。

 

市民の皆さんは、どう思われるでしょうか。

冨宅市長、何が身を切る改革ですか。

私には、到底理解が出来ません。(ここで時間が40分になってしまいました)

たつみコータローが国政を動かしたー大和川掘削工事(9名)

28日(水)は、星の王子さまの日。

 

昔、絵本をもらいました。

 

しんぶん赤旗の1面。

 

登校見守り挨拶活動。

黄色いジャンパーは、ビニール製で暑いので帽子をかぶりました。

 

保育所時代からのお友達。

いつもより登校が早いので、お母さんに聞くと、「今日は、プールがあるので張り切っています」とのことでした。

 

やっくんの妹さんと一緒に登校しました。(昨日、今日とご機嫌斜め)

 

市役所へ。

 

朝から暑い中、市役所前の大和川の土手の草刈りをシルバー人材センターの方がされていました。

 

 

団会議を行いました。

議会も終わり、久しぶりにそれぞれの活動や課題の交流が出来ました。

 

大切な中身も議論しました。

7月10日までは落ち着きません。

 

お昼過ぎには、美しい土手になっていました。

 

これから選挙公報をシルバー人材センターの方々が配布されるようです。

 

夕方に、たつみコータロー個人演説会の会場をおさえる為、市民プラザアゼリアへ。

ミストの弱点は、風があると涼しくなりません。

 

2015年に近鉄堅下駅のバリアフリー化を視察するたつみコータロー。

 

カジノは大阪にあかんの1票は、たつみコータローに。

 

2018年3月31日の投稿内容です。

本日(30日・水・10月最後の日)は、柏原市広報11月号の記事を紹介します。

大和川河川事務所から河川工事のお知らせがありました。

 

日本共産党は、7月13日に国土交通省近畿地方整備局及び大和川河川事務所と「大和川の治水対策について」の要望交渉を行いました。

 

私が、柏原での台風被害の実態を写真提示し改善を求めていた青少年野球場(赤丸)のある青谷地区において、河道掘削工事が行われるようです。

 

7月13日のブログの一部です。

 

本日(13・金)午後からは、国土交通省近畿地方整備局及び大和川河川事務所と「大和川の治水対策について」の要望交渉を行いました。

 

参加したのは、たつみコータロー参議院議員、わたなべ結大阪国政対策委員長と各自治体の市会議員でした。

 

日本共産党大阪国政事務所、党大阪市・堺市・松原市・藤井寺市・柏原市の議員団が連名で要望書を提出し、各自治体の市会議員が具体的な問題提起を行いました。

私は、「地球温暖化に伴う気候変動により、大和川でもこの10年間で5度の避難判断水位を超える増水が発生し、氾濫の危険性が高まっている」ことを最初に指摘❗️しました。

大和川の堤防は、計画高水量の水位より低い堤防が大阪府内だけでも数十か所もあり、うち、重要度Aランクと評価される危険個所が、府内20か所あります。

そのうちの9か所が柏原市にあり💢、危険箇所を地図に落とした資料と昨年の台風21号で青谷地区にある青少年野球場が水没した写真を使って具体的に説明を行い、危険性を明らかにしました。

また、柏原市の防災マップでは、大和川が氾濫した場合、市街地が50cmから3mの浸水被害が想定されていることを紹介し、河道掘削や堤防強化等の治水対策を早急に進める必要性を訴えました💪。

 

国土交通省近畿整備局河川部河川計画課や大和川河川事務所副所長からは、「重要度Aランクの箇所については、優先的対策を考えたい✌️」という回答がありました。

2022年原水爆禁止国民平和大行進が柏原に(10名)

28日(火)は、貿易記念日。

 

暑すぎるのかでの登校見守り挨拶活動。

 

中学校の期末テスト期間です。

高校生軍団の登校です。

 

やっくん達も元気に登校していました。

 

全身汗だく💦になりました。

夜の会議まだで休息しました。

 

柏原市党の会議では、結論は、頑張るしかありません。

 

2022年国民平和大行進の奈良県から大阪府への引き継ぎ集会が柏原市で行われます。

DSC_7481

6月30日(木)に市役所前河川敷広場です。

 

午前11時45分~12時05分です。

 

ウクライナでの戦争が続き、多くの市民が犠牲にされています。

ロシアの侵攻は、他国への武力の行使を禁じた国連憲章違反です。

 

市民や子ども、学校や病院への攻撃 は、国際人道法違反の犯罪です。日本から、世界から声を上げ、ロシアの軍事行動を止めさせ、撤退させましょう。 核兵器の使用を絶対に許してはなりません。

 

ことしで65回目となる原水爆禁止国民平和大行進は、5月6日、東京→広島コースと和歌山→広島コー スのスタートを皮切りに、8月の広島にむかって、全国すべての都道府県、市町村をつなぎます。

 

核兵器禁止条約への署名・批准を実現させるために自治体と市民との協力共同を広げ、また、戦争反対 の全国の市民の声や世界の運動と連帯します。

 

主旨に賛同する方はどなたでも参加できます。

一歩でも二歩でも、ごいっしょに歩きましょう。

あなたの平和へのねがいを掲げ、立ち上がりましょう。

 

「財産の取得について」(亀の瀬)の反対討論(4名)

27日(月)は、零細・中小企業デー。

 

しんぶん赤旗の配達からスタート。

 

登校見守り挨拶活動。

 

高校生女子は、ついにタオルを頭にのっけて登校していました。

 

妹さんが先に登校し、その後、やっくんも余裕の時間に登校しました。

 

市役所へ。

 

最終本会議でした。

 

「財産の取得について」は、反対討論(江村じゅん議員)・賛成討論の後、起立採決の結果(討論は、最後に紹介)共産党以外の議員の賛成で可決されてしまいました。

 

賛成討論は、維新の会・公明党の議員が行いました。

 

賛成の理由は、亀の瀬は観光の起爆剤となる。

2025年の万博のインバウンドに期待が持てる。

 

市外からの交流人口を増やし、柏原市を知ってもらうことが出来るのでおおいに評価するという内容でした。

 

 

ご意見等があればコメントをください。

 

提出議案は、全て可決されました。

 

本会議終了後は、柏原市土地開発公社の役員会が行われました。

 

令和3年度柏原市土地開発公社決算についてでした。

 

その後、柏原市議会活性化特別委員会が開かれました。

タブレット端末の導入等についてを今後、議論していきます。

 

土曜日に発見した、小土砂崩れを担当課に報告しました。

 

夕方からは、生活相談でお宅を訪問しました。

99歳のおばあちゃんの件でした。

お家犬🐩が二匹いて、足や腰にまとわりついてきました。(お化けのQ太郎状態でした)

 

夜は、私用で東大阪市へ。

 

「財産の取得について」に対する、日本共産党の反対討論です。

 

おはようございます。日本共産党の江村淳でございます。

ただいまより【議案第27号】 財産取得について反対の立場から討論いたします。

 

プロジェクションマッピング設備一式を財産として4,445万1千円で取得する議案でありますが、本会議での質疑や総務産業委員会での質疑などを通じて、財産取得すべきではない、購入すべきでないと考えます。

 

私は、「もう、すべらせない!! 龍田古道の心臓部『亀の瀬』を越えてゆけ」という日本遺産の『ストーリー』を否定するものではありませんし、紹介することに異論はありません。

 

ところが、プロジェクションマッピングで日本遺産をPRするとなると課題の多さを感じます。

 

プロジェクションマッピングを活用した他の自治体では、期限付きの数カ月から長くても数年のイベントです。しかし、柏原市では、設備を購入し耐用年数の5年以上運用することを考えています。

 

購入にあたっては、「地方創生臨時交付金」約4400万円を活用しますが、購入した後の保守管理や修繕費用、ランニングコストの年間約100万円や映像コンテンツを新規作成する費用の約1千万円などは、市の持ち出しとなります。

 

本会議の質問にもありましたが、「亀の瀬」をPRするため別の方法を模索するなどすれば、プロジェクションマッピングから波及して、今後どれだけ市の持ち出しにつながるかわかりません。

 

「2万人の集客」といいますが、根拠に乏しいです。2万人の根拠は、1回の観覧者40人で、土日の投影で104日これをかけて2万人超すということでした。「2億円経済効果」の根拠は、日本人の国内旅行で消費する金額を「旅行・観光消費動向調査」を基に算出したこと。

 

飲食や娯楽サービス、買い物に使ったら1人約1万円で、2万人観覧すれば2億円という計算です。

 

問題点も述べられました。「現環境において亀の瀬地域には飲食店や商店はない」ということ。これは本会議で議員から「亀の瀬の弱点」と言われていたことです。

 

総務産業委員会では、チャンスにかける、いわば先行投資ということまで言われました。

 

来年1月から、つまりあと半年後からプロジェクションマッピングの運用を開始するにも関わらず、2億円の経済効果は「可能性が潜在している」のであり、市内での消費促進を図ることが「今後の課題」だというのです。

 

しかも5月に開催した「亀の瀬マーケット」には1日で約1千人が参加し、プロジェクションマッピングがなくても同様の効果があることを示したのではないでしょうか。

 

同時に、「亀の瀬」には駐車場がないことやトイレが不足し混雑することなどの課題も露呈しました。

 

経済効果でいえば、3月の総務産業委員会でも紹介しましたが、「亀の瀬」をPRするグッズの中に、「すべらせない」下敷きがあり、受験生に合格祈願として注目されているとのことでした。

 

これを含む予算は57万円です。ちょっとしたことで日本遺産をPRできるのです。

 

柏原市の人口減少が続くと予測され、「選ばれるまち」や「認知度を高める」ためには、他の施策も必要と考えるなかで、〝費用対効果〟を考えれば、不確定・不確実なことも多い、今回のプロジェクションマッピング設備を4445万1千円で取得することに疑問を感じざるをえません。

以上をもちまして、財産取得することに反対の討論とします。

 

「もう、すべらせない!! 龍田古道の心臓部『亀の瀬』を越えてゆけ」という日本遺産の『ストーリー』

4万年前から地すべりが 繰り返されてきた難所であり、
古代より都の西の玄関口として 交通・経済・治水を支えてきた「亀の瀬」。
人々は最新の土木技術を投じてこの要地を守り、
龍田の風の神に旅や暮らしの 安寧を祈願してきました。

この地に立つと地すべりの脅威を 感じるだけでなく、
災害と向き合い未来へ歩む日本人ならではの 心のありようが見えてくるはずです。

 

 

人に冷たく弱い日本経済を変えよう❗️(8名)

26日(日)は、国連憲章調印記念日。

 

しんぶん赤旗の配達を2コース。

 

半袖とジャージでバイク🛵で風をきりながら走行すると少しひんやりして気持ちよかった。

 

早朝からゴミ拾いをさらる方、公園の雑草を取る方がいらっしゃいました。

皆さん、ご苦労様でございます。

 

午前中は、身体を休めました。

 

午後からは、生活相談でお宅を訪問してお話をお聞きしました。

50年前にヤクルトレディをされていた様です。

私の幼少期をご存知の事でした。

 

夜は、大県事務所で役員会が行われます。

 

気分転換がしたい今日この頃です。

 

自公政治の政治の責任です。

 

賃金の上がらない日本。

 

成長できない日本。

 

競争力の弱い日本。

年金カット

 

やさしく強い経済を

 

軍拡より教育予算を(3名・6296名)

25日(土)は、指定自動車教習所の日。

 

19歳で免許をとりましたが、ミッションで苦労しました。

 

しんぶん赤旗の配達からスタート。

 

その後、月に1度の後援会実行委員会の取り組みの為、早朝から大県事務所へ。

 

車🚘で市内をウロウロ訪問。

訪問先のお花。

 

山道で蝶々🦋のベストショット。

 

小土砂崩れを発見。

 

本日のメインイベント。

午後からは、西田比例候補カーの運行です。

 

運転手兼、弁士を行いました。

 

責任重大です。

さすがにアナウンサーさんには、乗ってもらいました。

 

途中から雨になりました。

日本共産党の政策を訴えました。

3時間だけで声が枯れてしまいました。

 

雨もやみ夕方からは、しんぶん赤旗日曜版の2コース配達へ。

 

やっぱり山は⛰ええです。

 

軍拡より教育予算を

 

 

 

 

 

大阪カジノNOの声は日本共産党へ(5名)

24日(金)は、プレミアムフライデー。

最近あまり聞きませんね。

 

しんぶん赤旗の記事。

 

登校見守り挨拶活動。

 

昨日の下校時に、この交差点近くで児童を巻き込む交通事故があったようです。

 

「まだ間にあう⁉」という男の子。

10分やから、余裕やでー」と返しました。

 

やっくんも珍しく、お友達としゃべりながら登校しました。(なんでか、嬉しい気持ちに)

そのあとに妹さんは、1人で余裕の時間に登校しました。

 

市役所へ。

 

生活相談があった、国民健康保険の一部負担減免の免除申請の継続の相談に国保の窓口へ。

 

最終本会議(27日)の運営に向けた議会運営委員会が開かれました。

 

これ何珍百景。

廊下に扇風機が・・・。

 

議員控室の空調の調子が悪いために、廊下の冷気を控室に取り込んでいます。

土・日に業者が入るようです。

 

団会議を開き、反対討論の原稿確認を行いました。

江村じゅん議員が最終本会議に反対討論を行います。

 

議会だよりの原稿を事務局に提出しました。

大阪カジノは中止を

大阪府と大阪市が進めるカジノ計画で1千万人の日本人来場者の約2%がギャンブル依存症患者と想定する問題で、「毎年20万人の依存症患者を作り出す計画です。

 

カジノは新たな富を生みださない。

人生も家庭も崩壊し、経済に大損失を与えます。

 

人の不幸の上に民間業者が莫大なもうけを上げるカジノは許されない」

「大阪選挙区選出の参院議員(8人)は全員カジノ推進派。大阪をギャンブルの街にするなという府民の声を届ける議席を勝ち取らせください」と訴えました。