日本共産党柏原市会議員 橋本みつおのブログです。

2020年8月

ケースワーカー・看護師さんに感謝

子どもたちも暑い中、マスクをして頑張って登校していました。

とりあえず1学期も明日で終わります。

 

八尾に住む党員さんから「柏原の人で生活苦で困ってはる」の相談があり、10時に訪問しました。

色々お話を伺いましたが、緊急性があり、自転車から車に乗り換え、一緒に生活保護係で相談しました。

 

7月末に仕事中にふらつき、その後、手や足がしびれて仕事が出来ない状態でした(貯金と財布の中身をあわせて、3528円)。

申請手続きを行い、すぐに病院に行く必要性があったので、柏原病院に連絡してもらい診察してもらうことになりました。

看護士さんの聞き取りの中で「脳卒中の疑い」があるので脳外科のない柏原病院では、診察は無理との結論が出ました。

八尾の病院を紹介されたので、生活保護の職員さんに連絡をとりました。

折り返し電話があり、「診察は明日になる」とのこと。

 

このことを看護士さんに伝えると、すぐに診察してもらう必要があるとのことでした。

相談して、医真会八尾総合病院に決めました。

 

また、そのことを、生保の職員さんに伝えました。

電話をしてもらった結果、柏原病院から電話の依頼があれば診察するとのことでした。

 

このことを伝え電話をしてもらうことになり、医真会八尾総合病院に行きました。

 

脳外科の昼からの診察はなかったので、救急扱いで診察してもらいました。

待つこと3時間。

 

色々検査をしてもらって、ドクターからの説明をお聞きしました。

色々とお話をお聞きしましたが、結論は「脳卒中です。今から入院してもらいます」でした。

 

それから入院するための検査(血液等)を1時間。

18時に5階の病室に移動しました。

私は、談話室で入院手続きをしました。

1人ぐらしでお身内はいらっしゃいません。

 

看護士さんと色々話をしていると19時になっていました。

 

生保の職員さんと柏原病院の看護士さんに感謝です。

柏原ぶどう🍇の歴史

色々出会いのある登校見守り活動です。

子ども達は暑い中、ちゃんとマスクをして、登校しています。

高校の女の子によると夏休みは、9日(日)からだそうです。

 

バイクで収穫した枝豆をビニール袋(ごみ袋)を足元に置き走行し、近づいて来られました。

よく見ると、10mほど手前から破れたようで、線上になって枝豆を落としながら運転されていました。

 

気づいてお話をして一緒に枝豆を拾いました。

車も止まって待ってくれました。

 

10分後、わざわざ戻ってこられ「先ほどはありがとうございました、食べてください」と言われて枝豆をいただきました。

市役所控室での相談日でした。

新庁舎にコンクリートが流し込まれていました。

 

相談を受けていた件で、広報担当の職員さん、つながりで教育委員会のスポーツ振興課の職員さんとお話をしました。

 

別件では、相談していた国民健康保険料の件で担当課の職員さんが結果報告に来てくれました。

 

国の制度(収入が3割以上の減)が適応されて、保険料が0円になりました。

現段階で、130件ほど申請されているようです。

担当課長さん、「中には、収入がゼロの方もいらっしゃいます」とのことでした。

 

午後からは、久しぶりの上本町へ。

大阪府下の党議員の学習会が行われました。

石川たえ大阪府会議員からの報告。

たつみコータロー大阪府委員会コロナ関連対策本部長からは、「コロナから国民を守る大運動」「住民を守るあらたな制度について」のお話がありました。

参加された議員から多くの質問が出されました。

しっかりとお勉強が出来ました。

 

終了後、近くの「大阪社会福祉指導センター」に寄りました。

前職(障がい者施設職員)時代によく行きました。

 

福祉関係の仕事を紹介してくれます。

障がい者施設の手作り商品も紹介しています。

とても懐かしかった。

 

トイレにも展示されていました。

柏原ぶどうの歴史

明治11年頃、大阪府が沢田村(現藤井寺市)に設けた指導園で育成した甲州ぶどうの苗木を、堅下村平野(現柏原市)の中野喜平氏が栽培に成功したのがきっかけになって普及しました。

この点において、山梨県より歴史があると言われています。

大正時代は、第1次世界大戦後に好景気が続きぶどうの需要が増大し、昭和3年~10年には大阪府は全国で第1位のぶどう産地に発展しました。

その後第2次世界大戦中、食糧難や労力、肥料など生産資料が不足したため、減反しましたが、ぶどうは電波兵器に必要な酒石酸製造のため栽培されました。

戦後、昭和30年代から台風や高度経済成長の影響をうけ、また他府県産ぶどうの入荷もあり農家の経営面積も縮小。

それでも大阪府のぶどうは全国で9位の収穫高を誇り、主力品種のデラウエアの収穫量は全国第3位となっています。

ブログの写真のバックはぶどうです。

7時40分~8時15分

登校見守り活動。

曇り空の中での登校でした。

 

軽トラックのおじさんが私の前で止まりました。

何か文句でも・・。

「すみません。この辺りにコンビニはありますか」

「川沿いを行かれて、4つ目の橋の左側にファミマがります」と案内しました。

 

1番に通るのは、7時40分でいつもの女の子です。

最後は、8時15分のいつもの男の子です。

午前中は、急ぎ原稿が今日中なので市役所でパソコンに向かいました。

途中、昨日要望があった件で交通安全係に相談しました。

「注意が見えへんでー」対応していただけるようです。

とりあえず原稿は出来ましたが、夜の会議でもんでもらいます。

午後からは、大県事務所での会議に参加しました。

私からは、法善寺・堅下駅の地上改札化の件で意見をお聞きしました。

色んな声を聞くことが出来ました。

党員さんの自家製の赤ジソのジュースを頂きました。

事務所から空を眺めました。

夜は、国分で会議が行われます。

多分、帰ったらパソコンに向かう自信がないので更新します。

 

しんぶん赤旗4日付の記事です。

 

 

\(^^@)/①

登校見守り活動。

「おはようございます。後1週間頑張ったら、夏休みやでー」と挨拶すると、女の子が「頑張るわー」と嬉しそうに答えてくれました。

いつも散歩される男性からは、「夏休みは、どうなってるの」の聞かれました。

小・中学校は、土曜日から9日間(全国最短)の夏休みです。

小学生51人、中学生が3人通学しました。

本郷事務所の方と事前にアポをとっていた方のお宅にお邪魔しました。

先日、開いた市政報告・懇談会に参加していただいた方です。

1時間45分に渡ってお話をしたり、お聞きしました。

内容は・・・・・。

新しい仲間が増えました。

\(^^@)/

お茶をいただきましたが、美味しかったです。

熱中症に注意しましょう(マスクの注意)

早起きをして、しんぶん赤旗と日曜版を2地域配ってきました。

5時は涼しくて気持ちいいです。

 

Twitterに投稿したしんぶん赤旗2日付け注目記事です。

やっぱり、「♯子どものたちに少人数学級をプレゼントしよう」です。

 

八尾・柏原地区の党会議に出席しました。

7月15日に行われた、創立98周年記念講演の学習会が行われました。

 

これからの党活動は、コロナ感染が拡大する中で知恵を絞っていく必要があります。

居住の党支部のみなさんは、2地域に分かれてポスター張りを頑張っていました。

 

熱中症予防行動です。

マスクをつけ、息をすると吐いた二酸化炭素を吸い込み頭痛を起こす可能性があります。

適宜マスクをはずす必要があります。

みっちゃんに聞いてみようよ

大県事務所で片付け作業を行いました。

私の机にある資料が散乱していました。

ジャンル別にしている生活相談資料や党活動資料等ひさしぶりの整理でした。

かなり時間がかかりましたが、スッキリしました。

古い資料を半分処分しました。

 

以前先輩に言われました、「机の上が散乱しているのは、頭の中が整理されていない証拠。

 

「みっちゃんに聞いてみようよ」を企画していただきました。

政治のことから、教育・暮らし・コロナ問題や日本共産党の疑問等など。

 

当日は、蜜を避けるため、第1会議室?と第2会議室?をワンフロワーにします。

クーラーの効いた部屋でお茶やコーヒーを飲みながら気楽に行いたいと考えています。

 

〇8月10日(月・祝日)

〇午前10時~

〇場所は大県事務所(堅下郵便局徒歩30秒)

皆さんのご参加をお待ちしています。

事務所にはこのポスターを貼っています。