日本共産党柏原市会議員 橋本みつおのブログです。

平成元年にタイムスリップ

暑さも終わり平年並になりました。

午前中は、本郷事務所の方と地域訪問を行いました。

風もあり、寒かった。

対話をするなかで、「共産党は、ぶれないところがええ」「循環バスを地域に走らせて欲しい」等々と多くのご意見をお聞きできました。

 

午後からは、志位委員長のオンライン演説会を視聴しました。

思わず、「そうだ」と拍手でした。

でも、やっぱり生Cで聞きたかった。

これから、学術会議の内容になるときに、中断して、八尾市へ。

 

福祉後援会の集いに参加しました。

私も、平成元年に障がい者施設に就職しました。

当時は、今よりもっと余裕があったように思います。

低賃金、重労働の実態を聞くことができました。

特にコロナ禍での大変さを実感しました。

私も写真を用意して色々と話をしました。

次回の集いも参加のリクエストをいただきました。

最後の仕事は、しんぶん赤旗日曜版の山間部配達でした。

よう冷えてました。

コメント

  • こんにちは、突然失礼致します。気分を害されるかも知れませんが
    お許しください。障がいを持つ方の就労が大変とおっしゃってますが
    障がい者の方もいきなり大人になるわけではないのです。
    柏原市の療育施設、サポートがしっかりしていれば
    一般企業に就職出来た方もいたかもしれません。はっきり言えば
    他市におんぶに抱っこの状態です。就学前は八尾市の療育通園して
    学校は羽曳野市に行くことになります。お友達とも
    別れてしまいます。地域の支援学級も発達障がいも含めて
    いっぱいいっぱいで先生も足りてない。放課後デイも足りてません
    選挙の票にはならないかもしれませんが、もう少し現実を見て
    ほしいです。昔は余裕があったのではなくて、どこにも
    相談出来ずに療育を諦めた方、家で過ごされる方が
    多かっただけだと思います。

    2020年11月22日 11:59 AM | 楠本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントフィード

トラックバックURL: http://jcp-kasiwara.org/hashimoto/archives/41843/trackback