日本共産党柏原市会議員 橋本みつおのブログです。

お知らせ

知事選挙ー小西禎一氏を自主支援

本日(18日・月)は、4時から起きて最終の委員会対策をして、厚生文教委員会にのぞみました。

10時から始まり17時30分に付託案件の審議を終えました。

ぎょうさんしゃべりました。

出席した、議員や市長をはじめ、職員さんはそう思ったのではないでしょうか。

もしかして、時間の半分は私が発言したかも・・・。

平成31年度一般会計予算、平成31年度国民健康保険事業会計など4議案は、市民の立場に立ち論戦をはり、反対しました。

 

他の案件も含め、他の議員は、全て賛成をして、全議案が可決されました。

なぜ、反対をしたのかは、22日の最終本会議において、反対討論をして明らかにします。

それにしても、終了時は放心状態でした。

委員会終了後は、臨時の党八尾柏原地区委員会の会議に出席しました。

八尾の選挙で大きな動きがありました。

それと、知事選挙において、維新政治を終わらせるために、元副知事の小西禎一氏を共産党として、自主支援すること確認しました。

 

3月18日日本共産党大阪府委員会の柳利昭府委員長は、知事選・大阪市長選挙への対応について、次のコメントを発表しました。

大阪府知事選挙、大阪市長選挙への対応について
 21日告示の大阪府知事選挙に、元副知事の小西禎一氏が出馬する。

11日の記者会見で小西氏は、今回の「ダブル選」にいたる経緯への批判が出馬の大きな動機だと語り、「大阪都を終わらせる」ときっぱりのべた。

また総務部長・副知事として「維新政治」への疑問と批判をもっており、大阪府・市の関係や自治体のあり方をまともなものにする見識と意欲を示した。

これらは「大阪都」ストップ・「維新政治」転換を願う広範な府民と共同しうるものである。


小西氏の政策にはわが党とは一致しないものが含まれている。

カジノ問題では、「依存症対策など懸念がある」とのべながら、マニフェストで「幅広い府民の意見を踏まえたIRの推進」としており、「カジノゴリ押し」を策す維新とは一線を画すものの、府民多数の世論に根ざした「大阪にカジノはいらない」との立場にはいたっていない。


しかし、わが党は「『大阪都』構想ストップ、『維新政治』を終わらせる」立場から、あえて独自の候補者を擁立せず、小西氏を自主的に支援する。

また同じ立場から、大阪市長選挙に立候補する柳本顕氏についても、「都」構想に終止符を打つため参院選自民党公認候補を辞め、無所属で立候補したことにも留意し、自主的に支援する。


これは政策や立場の違いを超えて、「維新政治を転換してほしい」という府民各界各層の願いを受け止めてのものである。

「都」構想は、大阪市を解体し地方自治の土台そのものを破壊するもので、個々の政策問題とは次元の異なる「異質の悪政」である。

「都」構想に終止符を打ち、この企てを最大の存在意義とする「維新政治」を終わらせるために、各政党・団体・個人が個々の政策問題では違いがあっても、それぞれの立場をのりこえ共同することは大義あるものであり、今回はその大きなチャンスと考える。


わが党は「維新政治」に終止符を打つため、広範な府民のみなさんと力を合わせて、知事・市長選勝利のために総力をあげる。


同時に、わが党が大阪府議選、大阪市議選、堺市議選で躍進することは、「維新政治」を終わらせ、「住民が主人公」の政治をつくる決定的な力となる。

「カジノよりくらしの安心・希望/大阪都ストップ、維新政治転換を」――このスローガンを高く掲げ、これを府民的な大争点に押し上げて、議員選挙での躍進を必ずかちとる。

 

みっちゃんカフエ(3月18日)のご案内

本日(16日、土)は、ついにダウン。

心と体がアウト状態でした。

この1週間は、ハード過ぎた😫。

夜からしんぶん赤旗の配達と明日の内藤こういち事務所開きの挨拶原稿だけは、考えよう。

 

みっちゃんカフエ(3月18日)のご案内です。

橋本みつおは、委員会があるため、参加出来ません😢

入学準備金が9月支給据え置き💢

本日(12日・火)は、市内の中学校の卒業式が行われました。

議会で出席することは、できませんでした。

玉手中学校と柏原中学校は、昨年の台風被害で体育館が使用できなくなり、近くの小学校や市役所横のリビエールホールで卒業式が行われました。

生徒たちには、3年間学んだ、母校の体育館で卒業式をさせたかったです。

屋根が台風で被害があった玉手中学校。

工事が間に合わなくて御免なさい。

卒業生の皆さん、本当におめでとうございます🎊。

 

本会議は、議案に対する各会派の代表質疑の2日目でした。

自由民主党政新会(2人)の代表質疑は、1時間30分ありますが・・・・・。

またまた、やってくれました😫。

28分も時間を残し質疑が終わりました❗️。

 

そのおかげで、休憩を含む全体時間が25分も早まってしまいました。

私の予定時間は、3時10分から35分まででしたが、2時45分からになってしまいました。

傍聴に来ていただいた方々には、本当に申し訳ありませんでした🙏。

(今日の写真ではありません)

私は、25分間の短い持ち時間をフルに使い言いたいことは言えたと自己満足しています。

最後に紹介します。

さあ、勝負をかける厚生文教委員会(18日・月)対策をしなければなりませんが・・・・・。

まずは、明日朝から行われる、柏原民主商工会の3・13重税反対の集会で連帯の挨拶をするので、原稿を考えました。

今日は、もうタイムオーバーです。

議会中は、机の上は何もありませんが、横には、資料があふれています。

まずは、委員会に向けて整理もせなあかん。

 

夜は八尾の内藤こういち選挙事務所でブロック会議が行われました。

内藤こういちの事務所開きが17日(日)に行われます🎵

私もご挨拶することになりました。

原稿作らなあかん・・・。

 

私は個人質疑で3つの質疑をしましたが、1問目を紹介します。

後の2問は後日にご報告します。

 

みなさん、こんにちは。11番議員、日本共産党の橋本満夫でございます。

私は、平成31年度第1回定例会におきまして、議案に対し、質疑をさせていただきます。最後までのご協力をお願い申し上げます。

 

まず冨宅市長お聞きください。

先日、匿名で市民の方からJR西日本の件でメールをいただきました。

「この度3月のダイヤ改悪にて朝に3本ある柏原始発の快速のうち、一本目の列車が勝手に削減される予定です削減のみで代替はありません。なので、朝のラッシュ時に実質一本減るだけのお粗末なダイヤになっております。

この列車の利用客は多く、困る人が続出しております。

そのため、この列車の利用者は今までより早く家を出なくてはならず、特に育児をしながら働く方などはこの僅かな差が大きな問題になります。

また、三本目の快速も時刻が10分もおそくなります

朝の時間にこれだけ遅くなれば今までの利用者はもう使うことが出来ません。全く持って柏原駅利用者のことが考慮されていないバカみたいなダイヤです。

そもそも柏原駅は改築の際、柏原市民の血税を沢山使っています。

それなのに市民に何の相談もなく、一方的に列車を削減するなどの横暴は到底許すことが出来ません。柏原市民をバカにしているとしか思えません。」と言う内容でした。

市民の方の声を受け止めていただき、市長としてご尽力をお願いいたします。それでは、質疑に入ります。

 

整理番号100  

議案第1号 平成30年度柏原市一般会計予算 歳出 (款)9教育費(項)2小学校費(目)2教育振興費 

小学校就学援助費の新入学学用品費扶助についてですが、

1年前の議会で市長は、小学校の入学準備金は、9月に支給されている現状を踏まえ、前倒し支給を検討すると言われましたが、どう検討されたのか、お尋ねいたします。

以降の再質疑及び質疑は、質問席に戻り行いますのでよろしく、ご答弁をお願いいたします。

 

(支給対象者が小学校入学前の幼児の保護者になりますので、システム改修が必要になることや9月支給分に加え、新たな支出が必要になることから、引き続き検討します) 

 

検討してきたが小学校の入学準備金の支給は今まで通りの9月という答弁で残念です。

平成31年度は、全国での運動や国会での追及もあり、国が入学準備金の金額を1万円引き上げ、小学校では、50600円になりました。

このことは、ランドセル代をはじめ小学校に入学するために多くの負担がかかるからです。

 

だからこそ平成30年7月時点で小学校では、全国の73%の自治体で入学前支給がされています。

平成31年度から実施検討を含めると85%です。

柏原市は、残り15%の入学後支給の自治体に入ってしまいました。全国から見ても大変遅れています。

 

ランドセルは4月から必要なんですよ。柏原市では、9月からでいいんですか。

鍵盤ハーモニカや色々と入学前に買わなくてはなりません。

子ども達に悲しい思いをさせないでください。

 

お聞きしますが、システム改修や入学準備金が単年度だけ倍の予算が必要と言われましたが、どれぐらいの金額が必要なのかお尋ねします。

(システム改修に30万円。入学準備金は350万円。)

システム改修に30万円。入学準備金は350万円。

入学前支給をすると次の年からは新たな負担はありません。

 

30万円も予算化することが出来ないんですか。

市長に恥をかかせるべきでありません。

 

就学援助の財源は、国の地方交付税措置がされます。

学校教育法第19条「経済的理由によって、就学困難と認められる学齢児童又は、学齢生徒の保護者に対しては、市町村は、必要な援助を与えなければならない」とあります。

予算権者の冨宅市長、平成31年度中に、380万円の補正予算を計上し、入学前支給をすべきです。

柏原市奨学金貸付制度について

本日(10日、日)は、頭も身体もクールダウンさせました😪。

火曜日の議案に対しての質疑、常任委員会での予算審議、反対の討論が必要と考える最終本会議(22日)。

その後の八尾市の選挙とまだまだ勝負が続きます💪。

 

柏原市奨学金貸付制度について問い合わせがありましたので紹介します。

高校入学において、中学3年生の児童の保護者に対し、貸し付ける制度です。

 

初年度15万円、2年目5万円、3年目5万円が貸し付けされます。

返還は、高校卒業後になります。

貸付日は、5月下旬ごろです。

 

申請の締め切り日は、3月13日(水)です。

各中学校に申請書がありますのでお問い合わせください。

 

市長VS自民・公明(1日目)

本日(7日・木)は、本会議が開かれました。

市長の市政運営方針に対しての各会派の代表質問が行われました。

おおさか維新の会(3人)も3番目に質問を行う予定でしたが、病気欠席されたので自民党(4人会派で80分)と公明党(3人会派で70分)が行いました。

今回の答弁者は、全て維新市長です。

 

市立柏原病院は2会派とも取り上げていました。

市長は、指定管理者制度の導入も調査・研究をしたいという答弁をしました。

 

自民党は、サンヒル柏原の問題で、34分もかけ10回以上の再質問を行いました。

今後の展開を見ていく必要があります。

 

教育の問題では、いつでも他会派さんが取り上げると「学力の向上」になります。

色々とやり取りがありましたが、市長も議員も最後は、「家庭の責任」で落ち着いてしまいます。

私は、言いたい。

今、子育てをする保護者の家庭の環境が・・・

 

マイナンバーカードの普及を取り上げたのは、さすが政府与党の議員でした。

 

再質問、再々質問・・・と続きましたが「はー(なんじゃ)」と考えさせらました。

持ち時間を10分ほど残し終わられましたが、「もったいない」の一言です。

 

私の持ち時間は、質問と答弁合わせ25分しかありません。

しっかりと議員の発言や市長の答弁は、メモ書きしています。

雨が降るとすぐに大和川の水量は増します。

本会議終了後は、生活相談の電話が入り対応に追われたり、毎日新聞社の記者さんが取材(営業)に来られ色々なお話をしました。

なんとなんと多くの事(内緒)で意見が一致しました。

 

夕方からやっと時間がとれ、私自身の原稿の最後の仕上げ(構成・言い回し・数字のチェック等)をしました。

 

完成させるともう真っ暗でした。

帰宅途中、事務所に寄り、明日行う駅頭宣伝のグッズを車に詰め込んで本日のお仕事を終えました。

いよいよ、明日の昼1番で1時から25分1本勝負です

また、ご報告しますが、3月8日は記念すべき日です。

 

お時間があれば市役所の3階の議場で行いますので傍聴にお越しください。

ネットからもご覧いただけます。

柏原市議会ユーチューブ(YouTube)【ライブ配信および録画配信】※ 

 

JR西日本に対して市民からのメール

日本共産党 柏原市会議員団 御中

突然のメールをお送りする失礼をお詫び致します。
市民生活に本当に寄り添って頂いている貴党を信頼してお願い申し上げます。

 

主題の件ですが、この度3月のダイヤ改悪にて朝に3本ある柏原始発の快速のうち、一本目の列車が勝手に削減される予定です
削減のみで代替はありません。なので、朝のラッシュ時に実質一本減るだけのお粗末なダイヤになっております。

この列車の利用客は多く、困る人が続出しております。
そのため、この列車の利用者は今までより早く家を出なくてはならず、特に育児をしながら働く方などはこの僅かな差が大きな問題になります。

 

JR西日本はおおさか東線全線開通などとめでたい事ばかり言ってますが、その陰で不運を食らう人も多くいることなどお構いなしです。

また、三本目の快速も時刻が10分もおそくなります
朝の時間にこれだけ遅くなれば今までの利用者はもう使うことが出来ません。
全く持って柏原駅利用者のことが考慮されていないバカみたいなダイヤです。

 

そもそも柏原駅は改築の際、柏原市民の血税を沢山使っています。
それなのに市民に何の相談もなく、一方的に列車を削減するなどの横暴は到底許すことが出来ません。
柏原市民をバカにしているとしか思えません。

 

この一方的暴挙のダイヤ改悪を見直すよう、何卒JR西日本に申し入れて頂けないでしょうか。

どうぞよろしくお願い致します。

市民より 

まずは、現在開催中の議会の中で市長に伝え、働きかけてもらうようにします。

平成31年第1回定例会 質疑・質問通告書(全議員)

本日(4日)は、お疲れモードもあり、これからの長丁場を乗り越えるためにも、充電する1日にしました。

ようは、ゆっくり過ごしました。

 

平成31年第1回定例会 質疑・質問通告書(全議員)です。

各会派の議員が市長の市政運営方針や議案に対してどんな質疑をするのかがわかります。

質疑事項だけでは、何を言いたいのかよくわからないものも多くあります。

 

議会の1番の役割は、チェック機関です。

予算案や条例案が市民にとって良いもの(または、サービス低下)かやムダが無いかを議論する場です。

 

さあ、今議会は、議会の役割が発揮出来るでしょうか。

もしかして、またまた、全議案に対してなんでも賛成するのか注目したい。

 

3月7日(木)

  1. 自由民主党至誠会   寺田 悦久  議員  ※整理番号1~7
  2. 公明党        中村 保治  議員  ※整理番号8~16
  3. 維新の会       峯  弘之  議員  ※整理番号17~35

3月8日(金)

  1. 自由民主党政新会   山下 亜緯子 議員  ※整理番号36~45
  2. 女性超党派りんどう  山口 由華  議員  ※整理番号46~56
  3. 会派に属さない議員  橋本 満夫  議員  ※整理番号57~59
  4. 会派に属さない議員  山本 修広  議員  ※整理番号60~65

 3月11日(木)

  1. 自由民主党至誠会   奧山  渉  議員  ※整理番号1~17
  2. 維新の会       鶴田 将良  議員  ※整理番号18~41
  3. 公明党        新屋 広子  議員  ※整理番号42~62

3月12日(火)

  1. 女性超党派りんどう  岸野 友美子 議員  ※整理番号63~80
  2. 自由民主党政新会   田中 秀昭  議員  ※整理番号81~95
  3. 会派に属さない議員  山本 修広  議員  ※整理番号96~99
  4. 会派に属さない議員  橋本 満夫  議員  ※整理番号100~102

 

孫と共に(ボラと勉強)

本日(3月3日・日)は、お雛さんの日です。

そう言えが、娘(22歳)の雛人形は、10年以上も出してないです。

ふすまの奥に眠っています。

 

柏原市役所前の河川敷で行われた、大和川クリーンキャンペーンにお泊りをしていた孫と出席参加しました。

総勢300人ほどの方が参加されました。

ジェイテクト(国分東条町)柏原工場の皆さんも沢山参加されていました。

(撮影ご協力ありがとうございました)

なんと、愛知県から社長さんもお越しでした。

簡単な開会式後は、ゴミ袋を片手に一斉にゴミ拾いに。

芝生で整備されたところには、ゴミらしきものは、ほとんどありません。

しかし、しかし、上流の方へ進んでいくうちに川に面した、雑草地に入り込んで行くとあるはあるはでした。

ペットボトル・空き缶・ビニール袋・カップ麺の器等などすぐにゴミ袋が一杯になりました。

中には、なぜかバイクやウェンスもありました。

孫も活躍してくれました。

終了後は、柏原市歴史資料館でお勉強しました。

ちょうど今、冬季企画展(伝えるーちょっと昔の道具たち)が開催されています。

中学1年生のせな君は、カメラのフィルムを知らない世代です。

黒電話のダイヤルを回して、「これ、電話なー」と驚いていました。

「おじいちゃんが子供の時代はこれが当たり前やー」と時の流れを実感しました。

柏原市は昔、ぶどう栽培が盛んに行われていた事を知ったようです。

色々と説明をしながらまわりましたが、先生と生徒のようでした。

帰宅後は、少しのんびり(テレビゲーム)過ごしました。

夕方に車で八尾の長男宅に孫を無事にお送りし、そのまま党の党会議にでました。

4月の選挙に向けて、経験が出され、熱い議論がされました。

そのこともあり、終了が遅くなりました。

妻から買い物を頼まれていましたが、お店がせまり、八尾の24時間営業のお店で買い物をしました💪。

柏原市立堅下北スポーツ広場使用上の注意事項

本日(3月1日)から今年度最後の3月です。

党員さんの手作りカレンダーです。

ブタの日らしいです。

 

生活相談があったので、8時からお宅を訪ねお話をお聞きしました。

その後は、市役所の控室にGO。

手前がJR線で、左端にある白い建物が市役所の最寄り駅である近鉄安堂駅です。

 

午前中の方が頭もさせ、集中できます。

言い換えると午後からは、集中力が持ちません。

議会質問原稿が勝負ですが・・・・。

しかし、いつもながら、お尻になかなか火がつきません・・・・。

 

お昼ご飯は、チキンラーメン(ミニ)とバナナ3本でした。

色々な職員さんと控室でお話をしましたが、学ぶこと(質疑内容とかけ離れる事)も多かったです。

こうして、なんやかやしているとアッと言う間に1日が経ちました。

帰宅途中に朝の相談者宅を訪ねました。

市役所で国保の担当課の職員さんとお話をして、私は理解が出来ました。

 

年度途中で旦那さんが後期高齢者保険に移動になり、国保料(夫婦)と後期保険料をダブルで払っていると思われていました。

職員さんに曰く「よくある事例です」とおしゃっていました。

詳細に説明するとややこしいので省略します。

旦那さんに理解してもらうまで30分程かかりました。

確かにわかりにくいシステムです。

よい経験をさせてもらいました。

 

家では、土曜日に孫(中学1年生)が「おじいちゃんのところで泊まりたい」ということで片付け等(妻が)でドタバタしています。

 

柏原市のホームページに「柏原市立堅下北スポーツ広場使用上の注意事項」お知らせがあったのでご報告します。

4月1日からオープンします。

 

グラウンドについて

 

〇使用種目について

・硬式野球(中学生以下)・軟式野球・ソフトボール・サッカー・グラウンドゴルフ・ゲートボール・ラグビー。

・その他教育委員会が使用可能と認めた種目。

〇団体登録について

・グラウンドを使用するものは団体登録をしなければならない。

・団体登録は10名以上の構成員を要する。

・市内登録団体、市外登録団体の区分について。

市内団体登録の規定・・・構成員の8割以上が柏原市に在住、在勤、在学者。

市外団体登録の規定・・・上記以外の構成員で構成する団体。

〇使用申請について

使用申請期間

・使用予定日の1か月前から使用当日とする。

・使用申請の注意事項

・受付は午前9時に開始し、使用日時の競合する場合は午前9時の時点で申請団体代表者1名をもって抽選する。抽選は「くじ」で行う。

※市外登録団体は抽選に参加できない。

〇貸出枠について

・1日につき1枠(2時間)とする。抽選後、他に希望者がなければ2枠まで可能とする。

・申請期間初日以降は1日の貸出枠は2枠とする。

〇振り替え、使用料還付について

・雨天等でグラウンドを使用できなかった場合は「使用日振り替え」を原則とする。

・「使用日振り替え」ができない場合は還付する。

・還付有効期間は使用予定日であった日から3か月以内とする。

〇その他

・グラウンド内は禁煙とする。

・グラウンド内の飲食は禁止する。(水分補給は可能とする。)

・使用時間は準備から整地、後かたずけを含んだ時間をいう。

・ベース、サッカーゴール等は無料貸出とする。

・ライン用石灰は使用者負担とする。

・二重登録等の不正が発覚した場合は、その団体登録を抹消する。

 

多目的広場

 

〇使用方法

・多目的広場を下記の3区域(エリア)に分け使用することができる。ただし、市主催等行事以外での占有使用はできない。

・グループエリア・・・グラウンドゴルフ、ゲートボール、サッカー、ラクロス等の練習を行うことができる。予約はできないが使用当日管理人に事前に届け出ること。

・個人エリア、自由エリア・・・個人及び複数人で自由に使用することができる。

〇禁止事項について

・グラウンド使用団体による練習目的での使用。

・硬式野球、軟式野球、ソフトボール等のバットを使用した打撃練習(ノック等)。

ただし、投球練習(キャッチボール)はできるものとする。

・ゴルフについては、素振りを含め一切禁止する。

・投てき競技等(やり投げ、砲丸投げ、ハンマー投げ)は一切禁止する。

〇遵守事項について

・多目的広場内での飲食、喫煙は禁止する。

・花火、バーベキュー等、火気の使用は一切禁止する。

・花を植えること、耕作物を作ることは認めない。

・ラジコン、ドローン等の使用禁止。

・多目的広場内へのバイク、自転車の乗り入れは禁止。三輪車、ベビーカーは乗入れることができる。

・犬、猫等の散歩は認めるが必ずリードをつけること。糞尿については飼主が責任をもって処理すること。

・用具(物品)の放置は禁止。

・ゴミは各自持ち帰ること。

・その他、他の使用者に迷惑を及ぼす行為の禁止。

議会の傍聴のお願い

冨宅市長の市政運営方針に対しての質疑

3月8日(金)午後1時~1時25分

①高齢者施策 「安心して歳を重なられる環境づくりを目指します」とありながら、柏原市独施策であった「ふれいあい入浴事業」や「インフルエンザ予防接種の個別通知はがき郵送」予算を廃止した理由について

 

② 教育 「学力向上の取り組みでは、小学校のかしわらっ子はぐくみテストを継続的に実施し、確かな学力の育成」とあるが、予算権者の市長として、健やかな子ども成長のために何が必要と考えるか。

 

③「市民の皆様の信頼のもと」とあるが、信頼されるために必要なものは何

か。

 

予算案に対しての質疑

3月12日(火) 午後3時10分~3時35分

①中学校就学援助の拡充について

②国分中学校グラウンド整備事業(1億3300万円)の必要性について

③全世帯が値上がりなる高すぎる国民健康保険料について